家にいながらお金を借りることはできますか?

「急なお金のピンチに襲われている。でも、窓口や自動契約機に行っている時間がない。あと、お金を借りるところを見られたくない・・・」。
そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?
通常、銀行や消費者金融でお金を借りるには、窓口に行って手続きをします。
そこで書類を提出し、審査を受け、通過できればめでたく融資となります。
しかし、そこまでできない場合だってありますよね。
そんなときはどうすればいいのでしょうか?


<ネットや電話でお金を借りることもできる>

窓口に行かないと借り入れができないというのは、今や昔の話です。
現在はキャッシングサービスが充実してきているため、電話やネットでもお金を借りる手続きを踏むことができます。
ではどのように申し込みを行うかというと、まず銀行や消費者金融に電話をかけます。
そしてそこで年齢や住所、借り入れ経験の有無や他にローンを持っていないかなどの確認を行います。
その情報を元に審査を行い、問題がないと判断されれば見事通過できます。
あとはATMなどに行ってお金を引き出すだけです。
店頭に行っている時間がない人や借り入れを行っているところを誰かに見られたくない人でも、これなら安心してキャッシングができますね。
ただし、本人確認書類や収入証明書の提出がどこかで求められるので、それの準備はあらかじめやっておきましょう。


<ネットや電話でお金を借りられるかを調べておく>

しかし、このサービスはどこの銀行や消費者金融でも行えるというわけではありません。
場合によっては店頭まで行かないといけないというところもあります。
そのため、自分がお金を借りるところは家にいながらも手続き可能かどうかをきちんと調べておく必要があります。
キャッシングは早め早めに準備をしておくと後々困らないので、お金を借りる前に気になる点を一個一個つぶしていきましょう。

<関連ページ>

お金を借りる前に稼ぎを見直す

自分の収入と支出を考えて、かつお金を借りることは多くあります。車の頭金や医療費など、大きな出費でローンを組むこともあります。計画性を持ってローンを組むことは良いことですが、目的にそぐわない借入は今後の生活を圧迫します。キャッシングなどで突発的にお金を借りる前に、まずは自分がお金を増やす方法を考えてみましょう。


自分がしっかり収支を確認出来ているのであれば、お金を借りる

お金を借りる目的も大切ですが、自分がお金をどのように稼いでいるかも重要です。お金を借りる際には一定の収入が無いといけませんが、その収入をどのように使っているかを見直してみましょう。無駄なところにお金を使っているのであれば、まずはその部分を削減して必要なものの予算にあてましょう。お金を借りると利子付きの返済が待っています。あまり簡単に考えず、まずは今の収支を確認しましょう。


自分で出来る稼ぎ方が無ければ、お金を借りる

お金を借りる目的や必要度合いにもよりますが、欲しいものがあるからちょっとキャッシングして買おうという考え方はやめましょう。まずは自分が稼いでお金を増やす方法について考えることが大切です。専業主婦の方であれば、在宅のお仕事がおすすめです。お子さんが小さくても家で出来る仕事内容ですので、空いた時間にお金を稼ぐことが出来ます。既に社会人として仕事をしている方は、その仕事に合った資格取得で給料アップを目指してみましょう。資格手当を設けている会社も沢山あります。

自分の稼ぎを見直し対策することで、今後の生活水準もアップします。大きな買い物でローンを組むことは良くありますが、欲を満たすためだけにキャッシングをして返済に追われてしまう前に、まずは現状を再度見直してみましょう。

おすすめリンク:http://xn--t8j6c6de7a4051bxgdpu2o.net/

お金を借りるときに使う法律のこと

お金を借りることのできる場所は、銀行やクレジットカードのキャッシング枠、消費者金融など、徐々に拡大傾向にあるそうです。法律などの関係から分類すると、消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠の2つと、銀行系カードローンに分類することができるそうです。


お金を借りる上限のある消費者金融

消費者金融やクレジットカードなどを提供している信販会社では、貸金業法という法律を守っている関係から、年収に対して明確に借金が可能な、上限を設けています。限度額はどんなに審査をしても、年収の3分の1を上限に、これ以上はお金を借りることができません。クレジットカードの場合、ショッピングと合算されるケースもあるそうです。


銀行では明確に上限がない

一方で、最近になってスピード融資などに尽力している銀行系カードローンでは、年収への明確な制限などはありません。お金を借りる人が無理なく返済ができるだけの金額、というように、銀行が独自で判断できる基準などを設けているだけです。しかし、上限がない代わりに、銀行のほうが消費者金融よりも審査が厳しいと言われることも多いようです。利息などに関しては、消費者金融よりも安くなっている傾向が強いそうです。

お金を借りることは手段のひとつにすぎない

お金を借りることをのぞんでいる人は当然そのお金によって何かを手に入れたいと思っているはずです。高い買い物、安い買い物、いろいろありますね。
もしかしたらお金で買いたいものは、物ではないのかもしれない。何かのサービス、何かの権利、目に見えないものをお金で買う人もいるのではないでしょうか。
もちろん、そういったものを手に入れるのはお金が必要になります。お金があれば、欲しかったあの服、手に入れることを一度は諦めた車を買うためにお金を借りる人もいるでしょう。
ですが、そんなに簡単にお金が手に入るはずもなく、お金を借りると、それに見合っただけの苦労を背負うことになります。


<お金を借りることで手に入るものと失うもの>

お金を借りると当然お金を手に入れることができます。そのお金でさまざまなものを買うことができるわけですが、たとえば接客のアルバイトで考えてみると、何時間も働いて、お客様にぺこぺこ頭を下げて…という苦労で得られるお金を一瞬で手に入れることができるのはうれしいですが、返済の義務は生じます。
しかも、もしあなたが即日融資可能な消費者金融のカードローンを利用してお金を借りることを選んだとしたら、融資額にもよりますが借入額には大きな利息がかけられることになります。
手軽にお金を借りるのが可能な分返済の苦労も大きいのです。
つまり、お金を借りて何か好きなものを買ったり、どこかに旅行に出かけたとしても、返済の負担を同時に抱えなくてはいけないのです。
以前より大分負担が減ったとはいえ、少額の借り入れだったのに返済した額はそれよりずっと高くなってしまったという話は現在でも聞く話です。
目先の欲に騙されることなく、そのお金は本当に大切なのかもう一度考えてみましょう。


<その願いはお金が必要なのでしょうか>

今お金を借りようとしているあなたは、本当にお金によって得られるものだけを求めているのでしょうか。お金を手に入れることだけを目的としている、もしくは、品物を買って使用するのではなく、そもそも「買う」ことを目的にしているということはありませんか?
お金を使って、その多幸感を味わいたいから、ストレス発散のための手段にお金を借りる人を知っています。確かに、お金を一度に大量に使うことで気分が晴れやかになるかもしれません。
ですが、そうしないと、あなたの願いはかなえられないのでしょうか。
お金を借りることには必ず危険が伴います。無用意にやるべき行動ではありません。冷静な判断を。

住宅ローンでお金を借りる には?

お金を借りる、と言うと「借金」のイメージがあって、できるだけしたくない気持ちが先に立ちます。でも、どんな堅実な方でも、ある意味、背負わなければならない可能性がある、大きな「借金」があります。それは、住宅ローンです。


<住宅ローンでお金を借りるには>

いま、住宅ローンの金利が低く、家の購入を考えている方が増えているそうです。頭金無し、諸費用も分割で払える、という歌い文句のところも多いとのことです。このため、低所得の世帯が住宅を購入しやすくなっているのも事実です。
ただ、問題はお金を借りることには間違いないので、そのための審査があります。他にクレジットやカードローンで多額の負債があると、住宅ローンは通りにくくなるので、要注意です。あと、住宅ローンの場合はあなたの健康状態も審査の重要項目です。懐もからだも健全が一番、と言うところですね。


<住宅ローンの落とし穴>

前述もしましたが、最近の住宅ローンでよく耳にするのが、頭金無し、諸費用も分割などの条件ですね。毎月、家賃並の価格で自分の家が手に入る!!と言うフレーズが目を引きます。でも、これ、結構な落とし穴です。住宅ローンでいつも問題となるのは、利子の問題ですが、利子は元金が多ければ多いほど高くなります。頭金無し、はまさに元金が全く減ってないところから始まってしまいます。諸費用も分割だと、更に払う金額も多くなります。利子は元金の額から発生しますので、元金を最初から減らしておいたほうが、いいのです。
甘い言葉に騙されないでくださいね。

お金を借りるときに利息が少なくなる返済方法はある?

お金を借りると、かえすときには必ず利息が発生しますよね。無利息期間なども出てきましたが、それでも一切無料の利息で返済ができるというローン商品は非常に少ないですよね。ほとんどないともいえるんですが、即日審査でも他のローンでも、リボルビング返済にしてあるものであれば、利息負担が減る返済方法はあるそうです。


お金を借りるときに設定する返済額はできるだけ多き目に

お金を借りるときには、返済金額を設定しますよね。返済は最初に毎月いくら返すという契約をして、そこから同じ金額の返済を行うので、毎月の返済額の負担がこのときに決まるといえるのですが、返済する回数はなるべく少ないほうが、利息負担は減ると言われています。繰り上げ返済などもうまく活用することも言われますが、返済の回数で利息の負担は変わってくるそうです。


少ない回数で大きな金額の返済

正直なところ、返済の方法としては負担が大き目といえるかもしれませんから無理のない範囲での、返済金額設定をしなくてはなりません。しかし、この方法を使うと返済にかかる利息の負担も大きく変わる可能性があるそうですから、楽な返済方法だけでなく。少し毎月の負担が多いとしても、なるべく利息が少なくなる方法とし覚えておくといいですよ!

銀行でお金を借りるのは難しいって本当?

お金を借りるための審査は、消費者金融のほうがやさしいなどというのを耳にしたことがありませんか?審査はお金を借りる人が、今までに多すぎる借り入れがないかどうかなどを判断するためにも行われていますが、なぜ一般的な意見では銀行は審査が厳しいと言われるのでしょうか?


お金を借りる審査が厳しいという銀行

銀行系カードローンでは、専業主婦が利用できるプランがあるほか、利息などの設定も消費者金融より安くなっていることが多いそうです。利息とは返済で負担する手数料のようなもので、銀行や消費者金融は、利息から利益を生み出しています。そのため、利息の負担が少なく済む場合には、万が一返済ができないという人が出たときの損が大きく影響してしまうこととなるそうです。そのため審査が厳しいという意見もあります。


保証会社がうるさいというケースも

もう一つ言われるのは、銀行と保証会社です。保証会社には、銀行が出したマイナスを補てんする役割があります。住宅ローンなどの団信保険なども、万が一のことがあったら保証会社が支払いますよ、というものなのです。そのため、銀行としてはお金を借りることがOKだとしても、保証会社の基準はもう少し厳しくなることから、審査が厳しいと言われることがあるという声もあるそうです。

お金を借りるときは目的別カードローンで利息をお得にできるかも

お金を借りると返済のときに利息の負担がかかりますが、この負担はもちろん、できる限り少なくしたいと思うものでしょう。お金を借りるにはフリーローンという、スピード審査などで利用することのできるローンが一般的に有名なのですが、もう一つ、チェックしておきたいローンプランをご紹介します。


お金を借りる目的を定めたローン

お金を借りる目標や目的というものが一切なく、お金を借りるという人は少ないかと思いますが、その中でも、現金での出費が多いことにお金を使う場合などに適用されるのが、目的別カードローンというローン商品です。消費者金融や銀行の一部で扱っているもので、フリーローンよりも利息が安く設定される代わりに、お金を借りる条件が少し、変わってきます。


目的別カードローンの代表的なもの

目的別カードローンは多くの場合、現金での一時的な出費が多くなるものに設定されているそうです。車の購入やブライダル、ペット関係の目的別カードローンも増加傾向にあるそうです。中には、自分で電話問い合わせを行って、目的別カードローンが利用できるかを会社と相談するようなものもあります。この目的の範囲は案外広いもので、ペットであれば購入、医療費などの他にも、器材などの購入でも適用されるそうです。

お金を借りるならインターネットが便利です

少額融資や少額ローンなどと呼ばれているお金を借りることのできるシステムでは、多くの会社がインターネット申し込みの受け付けを行っています。インターネット審査を行わない会社を探すのは、もはや無理があるというほどだそうですが、このネット審査の便利な部分などをご紹介します。


お金を借りるために手間暇をかけない

まず便利なことは、お金を借りるために手間がかからないということでしょう。お店などに審査の申し込みをしに行かなくていいということから、無駄な時間などがかからないことや、場所が遠くても、パソコンや携帯電話があればいいというものです。スマートフォンなどの普及によって、スマートフォン向けアプリケーションの開発も進み、審査や、審査後の借り入れ残高のチェックなどまでまとめて一つのアプリケーションで行えるものもあります。


心理的な抵抗も少なくなる?

お金を借りることが悪いということではないですが、他人のお財布事情というのはデリケートなものですし、できるだけ知られたくないという気持ちはわかりますよね。そのため、無人契約ATMなどで消費者金融は工夫をしていたのですが、インターネットの普及で、心理的なストレスをできるだけ少なくした状態で、申し込みができるようになったそうです。

お金を借りるときに使う信用情報

お金を借りるときに本人確認書類などを提出して審査を受けるのですが、この審査では、本人確認書類など自分で提出する書類の他に、個人情報を利用するものがあります。開示の同意を行うので、自分で書類などを用意する手間はかかりませんが、この情報に関することをご紹介します。


お金を借りる人のお金の履歴を知るもの

この個人情報を信用情報といいます。お金の貸し借り以外にもこの記録はあって、クレジットカードなど、割賦払いなどに対応しているものの場合、信用情報には支払いや借り入れの情報がきちんと残っています。そのため、支払いに遅延が生じた場合などにも、記録として返済の遅延があったことなどが、信用情報を見ればわかるのです。もちろん、今借りているお金の額なども分かります。


個人情報なので勝手に見ることができないもの

このような情報は信用情報と言われており、個人情報として専門の会社が、管理、保護、更新を行っています。もちろん、本人以外の人が見る場合には、本人の同意が必要ですから、勝手に開示されることなどはありません。またお金を借りる会社と利用者との間で利益関係などのない第三者機関と呼ばれる会社が管理することで、どちらかが有利になる、というようなずるもできないようにしているそうです。