お金を借りることをのぞんでいる人は当然そのお金によって何かを手に入れたいと思っているはずです。高い買い物、安い買い物、いろいろありますね。
もしかしたらお金で買いたいものは、物ではないのかもしれない。何かのサービス、何かの権利、目に見えないものをお金で買う人もいるのではないでしょうか。
もちろん、そういったものを手に入れるのはお金が必要になります。お金があれば、欲しかったあの服、手に入れることを一度は諦めた車を買うためにお金を借りる人もいるでしょう。
ですが、そんなに簡単にお金が手に入るはずもなく、お金を借りると、それに見合っただけの苦労を背負うことになります。


<お金を借りることで手に入るものと失うもの>

お金を借りると当然お金を手に入れることができます。そのお金でさまざまなものを買うことができるわけですが、たとえば接客のアルバイトで考えてみると、何時間も働いて、お客様にぺこぺこ頭を下げて…という苦労で得られるお金を一瞬で手に入れることができるのはうれしいですが、返済の義務は生じます。
しかも、もしあなたが即日融資可能な消費者金融のカードローンを利用してお金を借りることを選んだとしたら、融資額にもよりますが借入額には大きな利息がかけられることになります。
手軽にお金を借りるのが可能な分返済の苦労も大きいのです。
つまり、お金を借りて何か好きなものを買ったり、どこかに旅行に出かけたとしても、返済の負担を同時に抱えなくてはいけないのです。
以前より大分負担が減ったとはいえ、少額の借り入れだったのに返済した額はそれよりずっと高くなってしまったという話は現在でも聞く話です。
目先の欲に騙されることなく、そのお金は本当に大切なのかもう一度考えてみましょう。


<その願いはお金が必要なのでしょうか>

今お金を借りようとしているあなたは、本当にお金によって得られるものだけを求めているのでしょうか。お金を手に入れることだけを目的としている、もしくは、品物を買って使用するのではなく、そもそも「買う」ことを目的にしているということはありませんか?
お金を使って、その多幸感を味わいたいから、ストレス発散のための手段にお金を借りる人を知っています。確かに、お金を一度に大量に使うことで気分が晴れやかになるかもしれません。
ですが、そうしないと、あなたの願いはかなえられないのでしょうか。
お金を借りることには必ず危険が伴います。無用意にやるべき行動ではありません。冷静な判断を。