お金を借りるときに本人確認書類などを提出して審査を受けるのですが、この審査では、本人確認書類など自分で提出する書類の他に、個人情報を利用するものがあります。開示の同意を行うので、自分で書類などを用意する手間はかかりませんが、この情報に関することをご紹介します。


お金を借りる人のお金の履歴を知るもの

この個人情報を信用情報といいます。お金の貸し借り以外にもこの記録はあって、クレジットカードなど、割賦払いなどに対応しているものの場合、信用情報には支払いや借り入れの情報がきちんと残っています。そのため、支払いに遅延が生じた場合などにも、記録として返済の遅延があったことなどが、信用情報を見ればわかるのです。もちろん、今借りているお金の額なども分かります。


個人情報なので勝手に見ることができないもの

このような情報は信用情報と言われており、個人情報として専門の会社が、管理、保護、更新を行っています。もちろん、本人以外の人が見る場合には、本人の同意が必要ですから、勝手に開示されることなどはありません。またお金を借りる会社と利用者との間で利益関係などのない第三者機関と呼ばれる会社が管理することで、どちらかが有利になる、というようなずるもできないようにしているそうです。