お金を借りることのできる場所は、銀行やクレジットカードのキャッシング枠、消費者金融など、徐々に拡大傾向にあるそうです。法律などの関係から分類すると、消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠の2つと、銀行系カードローンに分類することができるそうです。


お金を借りる上限のある消費者金融

消費者金融やクレジットカードなどを提供している信販会社では、貸金業法という法律を守っている関係から、年収に対して明確に借金が可能な、上限を設けています。限度額はどんなに審査をしても、年収の3分の1を上限に、これ以上はお金を借りることができません。クレジットカードの場合、ショッピングと合算されるケースもあるそうです。


銀行では明確に上限がない

一方で、最近になってスピード融資などに尽力している銀行系カードローンでは、年収への明確な制限などはありません。お金を借りる人が無理なく返済ができるだけの金額、というように、銀行が独自で判断できる基準などを設けているだけです。しかし、上限がない代わりに、銀行のほうが消費者金融よりも審査が厳しいと言われることも多いようです。利息などに関しては、消費者金融よりも安くなっている傾向が強いそうです。